キャッシングカードと銀行カードローンの違いを知ろう

お金借りたいときに融資を受ける方法にも多くの種類がありますが、無担保のローンとしては銀行カードローンや消費者金融のキャッシングが便利です。
とちらも専用のキャッシングカードが発行され、提携のATMで出し入れが可能となり、返済もATMから行うことができますので、利便性もとても高いものとなっています。
そして、申し込む場合はそれぞれの特徴をよく理解し、自分に合ったサービスを選んでいきましょう。
まず、消費者金融のキャッシングはその融資の迅速さが魅力となっています。
申込方法も様々用意されており、来店で申し込む方法もあれば、自動契約機から申込もできますし、来店できない場合であってもインターネットや電話で申し込みが可能です。
そして、無駄なくお金を借りたいなら銀行カードローンも同じように、来店、自動契約機、電話やインターネットから申し込むことができます。
どちらも同じように利用することができますが、消費者金融は総量規制があり、借入は年収の3分の1までとなっていますので、まったく仕事を持っていない方や専業主婦の方の場合は利用ができません。
そして銀行のカードローンの場合は総量規制の対象とはなっておらず、すでに総量規制まで利用している場合でも利用可能です。
そして、銀行の場合はより融資限度額が大きくなっており、利息についても消費者金融よりさらに安く利用できる傾向にあります。
金利や融資限度額、申込条件などは業者によって違いがありますので、申し込む際にはじっくり比較しておきたいものです。