知らないと大変な事になるかもしれない延滞損害金

お金借りたいと考えたときキャッシング等をした時は、毎月決められた額を返済する必要が有ります。
しかし時には遅れてしまう事もあるものです。
その場合、ペナルティとして借入の時の金利よりも高い金利が返済するまでついてしまいます。
その時の金利を延滞損害金と呼ぶのです。
ただ、昔はかなり法外な金利が掛けられていましたが、今は利息制限法で決められているので、そこまで法外な金利とはなりません。
しかし制限利率の1.46倍までとなっているので、結果的に高金利となってしまうので注意が必要です。
それ以上の金利となった分は無効となります。
こうして見てみると、昔よりも延滞損害金も低金利なのでそれほど心配する必要はないと思う人もいるかもしれません。
しかしだからと言って延滞して良いかと言ったらそうではないのです。
また、お金を借りたい場合に遅れる事が多くなればなるほど、金融機関からの信用を失ってしまう事にもつながります。
その為、融資額を増やしてもらいたいと申請したとしても認められなくなる可能性もあるので注意しましょう。
どうしても返済が数日遅れてしまうと前もってわかっている時は、まずは金融機関に連絡をするのが重要です。
何度も使える方法ではありませんが、もしかしたら返済日を少し遅らせてくれるかもしれません。
そうすれば延滞したとしても延滞損害金を払う必要もないし、融資を増やしてほしいと申し込んだ時も断られにくくなります。
借金の返済は遅れない事、そして遅れそうな時はすぐに連絡をする、これが鉄則です。