キャッシングのネガティブリストで信用が分かる

お金借りたいときに思い浮かぶのがクレジットカードですが、キャッシングにおけるネガティブリストとは、不払い客をリストアップしたデータのことです。
ブラックリストと言った方が耳馴染みがいいかもしれませんね。
不払い事故客とは、要するに返済の滞納や延滞などのトラブルがあった債務者のことで、返済能力が最も重要視される借り入れにおいて、こういった債務者は信用を無くし、そのため信用できない債務者としてネガティブリストに入ってしまうのです。
また、こういった情報はすべて個人信用情報機関にて管理されています。
個人信用情報機関とは、キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの申込みをした消費者の個人情報が自動的に登録されており、利用履歴や返済履歴などがその都度登録されていく機関です。
日本では主にCIC、JICC、JBAの3つの情報機関があります。
お金を借りたい際にキャッシング申し込みをしたらキャッシング会社の審査を受けることになりますが、この審査で個人信用情報機関に登録されている消費者の情報を審査の対象にします。
そのためネガティブリストに登録されている消費者ですと審査は厳しくなってしまうでしょう。
借り入れ自体が全く初めてという方なら、信用情報はクリーンなので影響しません。
このように金融会社や金融機関が審査の時に参考にする情報ですので、そういう意味では消費者には関係のない情報です。
ただ自分の登録内容を確認してみたいという人は、各情報機関に情報開示請求をすることで登録内容を見ることができます。