ネガティブリストに載らないようにしたい

お金借りたいといったときにも重要な情報となるネガティブリストとは、金融機関や貸金業者が独自に作成する、貸したくない顧客のリストです。
このリストは各金融機関や貸金業者の過去の貸付履歴だけでなく、新規の借り入れ申し込みが合った際に、業者間で情報を共有し合う信用情報登録機関に照会した情報も含めて作成されています。
信用情報登録機関に照会した結果、貸したくないと判断され審査落ちになった場合も、このリストに載ることになります。
期間をあけて申し込みがあっても、申込みを断るための基準が作成されるわけです。
ネガティブリストに載る理由は、貸付を行う側にとってリスクが高い顧客だということです。
つまり、返済能力が低く貸し倒れのリスクを抱えている場合に、このリストに掲載されます。
たとえば、過去にその業者で借り入れをし、たびたびに返済遅滞を起こしている場合や、返済不能となり不良債権化してしまったケースが挙げられます。
また、本人確認で偽造行為が発覚したとか、貸し借りにおいて店員とトラブルを起こしたといったケースも含まれるでしょう。
お金を借りたいという話があったときに貸付側にとって、貸付けた元利金が戻ってこない可能性のある、いわゆる招かざる客が対象です。
信用情報登録機関ではさらに他の金融機関や貸付業者で生じた、返済遅滞や返済不能、自己破産等の情報もチェックができます。
既に複数の借り入れがあったり、短期間の間にいくつも借り入れをするなどの履歴も、多重債務者となり返済できないリスクが高いと判断され、ネガティブリストに載ることがあります。