意外と知らない自己破産のしくみ

自己破産、というとあまり良いイメージを持っていない方が多いのではないでしょうか。
確かに財産をすべて管理されたり、好きにローンを組めなくなったりデメリットもありますが、債務から解放されるという大きなメリットもあるのです。
この制度のしくみや意味について、正しく理解しましょう。
自己破産とは、債務が大きくなりすぎて返済が困難になった場合に、債務者の申し立てによって、裁判所で債務整理を行うことを言います。
借金をしたのなら返済するのが道理ですが、方々に手を尽くしてもどうしようもなくなった人への最後の救済の手段として利用されています。
破産の手続きを自分で行うことも可能ですが、内容が複雑なうえ必要書類も多くあるため、弁護士や司法書士などのプロに依頼して行ってもらったほうが良いでしょう。
また、自己破産を知った債権者が訴訟などを起こしたりする場合もあるので、こういったトラブルに対応してもらうためにも、弁護士等に依頼することをおすすめします。
ちなみに、破産手続きは誰でも認められるものではありません。
裁判所の審査に通る必要がありますが、債務の額や返済が困難な理由、家族構成や債務が大きくなった理由などを聞かれ、内容によっては全く審査に通らない場合もあります。
また、現在の収入と債務額のバランスも重要な要素となります。
例えば、年収1000万円の人が500万円の債務を理由に破産を申し立てても、当然支払い能力があるとみなされて認められません。