デビットカードで安心感を味わいませんか

デビットとは簿記用語で借方の意味です。
最近話題のデビットカードとは、利用者が預金口座を持つ金融機関が発行をして口座とオンラインで連動していて店舗で買い物をした時にお会計の際、提示するとその支払額が直接口座から引き落としされます。
原則的に引き落としは即時ですので、口座に残高が無ければ使用出来ません。
即時決済の為、お金借りたいときでもクレジットカードとは異なり申し込みの時に審査が必要ないのでクレジットカードの取得が困難な方や使い過ぎが心配で持ってない方も銀行や郵便局での口座を開設した時に発行出来ます。
年齢制限もほぼなく、ある場合にも下限は低いので誰でも持てる便利なカードです。
大手金融機関が発行しているデビットカードでは、キャッシュカードをそのまま使用しており、新しいカードを発行せずに今までのキャッシュカードで決済と同時に代金の引き落とし処理が出来ているので請求が先延ばしにならないです。
オンラインデビットと異なるオフラインデビットですが、この場合には決済が数日後になります。
即時引き落としではないので一時的ではありますが、お金を借りたいでも与信が必要になってきます。
本人確認をする場合には、クレジットカードと同様に暗証番号又はサインが必要です。
もしも利用者が、預金金額を超えた利用額で口座になくても使える場合があります。
その際は、発行銀行が立替払いをしてくれて引き落とせなかった分も発行銀行が回収を行ってくれます。
ここがクレジットカードと違う安心感ではないでしょうか。