不動産を担保してお金を借りるほうが融資条件がよくなる

銀行やそれ以外の金融機関から融資を受けるとき、不動産担保型の方が、そうでない場合よりも借り手に有利な条件になるのが普通です。
たとえば、お金借りたい際に前者では、後者に比べてかなり多額の融資を受けることができます。
また、利率も通常前者の方が低いのが普通です。
さらに融資期間も前者の方が長くなります。
そこでこの意味を理解しておいた方がよさそうですね。
貸主が期限までに借りたお金を返すことができなくなる場合がよくあります。
そのような場合を債務不履行と呼んでいます。
この場合に備えて、あらかじめ借主の不動産に抵当権を設定しておくのが、不動産担保型なのです。
抵当権を付けておけば、債務不履行の時、貸主はその不動産を競売することができます。
そして優先的に借金の額までお金をもらうことができるのです。
つまりこのやり方だとお金を借りたい場合に債務不履行の時、他の債権者よりもこの貸主はかなり有利になります。
そこで最初に述べましたように、借主は有利な条件で融資してもらえることになるわけなのです。
また抵当権を付けるとき法務局で登記をすることになっています。
公的な機関で登記をすれば、抵当権を付けていることが誰の眼からみても明らかになります。
そこでほかの人はこれに文句をつけることができなくなるので、ますます貸主に有利になります。
このように不動産担保型の融資は、借り手に有利な条件でお金を借りることができます。
しかし債務不履行のとき、不動産が競売されることを覚悟しなければなりません。