信用金庫は利益第一主義ではありません

一般の銀行は、利用者がお金借りたい場合でも融資先が限られてます。
それは、株式会社であるためで、株主の利益を優先・利益追求型の経営をしなければならないからです。
一方、信用金庫の場合は営業してる地域内で、資本金が9億円以内・従業員が300人以内の中小企業などと、地域の住民へ融資する業務が主な取引形態となります。
勿論、お金を借りたい際に預金業務・為替業務・融資業務の三大業務は銀行同様行い、投信窓販・デビットカード業務・モバイルバンキング・インターネットバンキングといった業務も、銀行と同じように行われてるのです。
しかし、地域の住民・企業などが利用客・会員となり、相互に地域を繁栄させようという相互扶助を目的として業務を行う、協同組織となってる金融機関となります。
そのため、利益を追求するのが第一目的ではなくて、会員である地域社会の利益を優先しているのです。
これは、非営利企業であり、預金として集められたお金の融資先は商店・中小企業・個人などで、地域社会が反映するように広く貸し出されてます。
ですから、銀行と比べると貸し渋りがあまりなくて、返済でも銀行よりは厳しくありません。
それに、融資する際でも企業の資金余力で判断するのではなく、社長の人間性・企業の将来性で判断されます。
それから、営業時間のATMの利用料金は、手数料が無料です。
これは、全国どこにある信用金庫でも、料金が掛かりません。
尚、銀行の通帳へは税金が掛かるのですが、信用金庫の通帳へは税金が掛からないのです。