債務整理のメリットとデメリットを知るべき

借金の返済に苦しんでいると、債務整理という言葉に気持ちが惹かれるかもしれません。
もっとも、その仕組みと効果はもちろん、メリットだけでなくデメリットも知って、利用するかをよく検討するべきです。
お金借りたいときにも大きく関わる債務整理には大きく任意整理、民事再生、そして自己破産があります。
任意整理というのは、債権者それぞれと話し合いを持ち、債務の軽減をしてもらえるか、返済方法を先延ばししてもらえるかなど個別に合意を得る方法です。
一般的に債務者というのは、お金を貸してくれた債権者に対して弱い立場にあります。
そのため、お金を借りたいなら自らの力では対等な話し合いというのは難しいかもしれません。
そこで、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがポイントとなります。
もっとも、あくまでも話し合いによる解決で、法的な手段はとれないため、思い通りの結果が得られないこともあります。
民事再生というのは、裁判所を通じて行う手続きで、裁判官が返済困難の状況を認定してくれた場合、債務の額がおよそ5分の1から10分の1程度まで軽減され、それをおよそ3年から5年かけて返済します。
民事再生のメリットは住宅ローン債権を除外できることで、マイホームを失うことなく、借金の減額と返済負担が減らせる点です。
そして、自己破産というのは裁判所を通じてすべての債務の免責を受けることです。
ただし、生活のための一部の動産と最低限の生活資金を除き、マイホームを含め現在持っている財産がすべて競売にかけられ、債権者に分配されてしまいます。