有担保ローンとは何でしょうかそのメリットとは

有担保ローンとは、借り入れ条件の中に担保提供が必要なローンの事を言います。
これは債務者に金銭的な返済能力があるか、返済する意思があるかという信用と一緒に万が一、債務不履行になった場合に債務の弁済を確保する為の担保を取得して融資する事です。
個人向けのものでは、不動産担保ローンや住宅ローンがあります。
これは資金の使途が自由ですし、不動産によって融資額は数百万円から数億円のまでの幅があり、融資前に厳格な担保査定があります。
担保を取る事により保全されているので、無担保ローンと比べると融資限度額が高く金利は低いものの、長期返済が可能といった特徴があります。
一般に担保となる不動産とは、お金借りたいときに自分もしくは所有者の同意が得られた土地や建物、マンションの部屋も可能です。
その評価額の7割程が融資額の上限となっている事が多いです。
これはあくまで目安であって老朽化した建物の場合ですと、土地の評価額から建物取り壊し費用を差し引かれる場合があります。
急に融資が必要で無ければお金を借りたいときに有担保ローンをお勧めします。
不動産担保ローンは、主に不動産担保ローン専門会社や銀行から借り入れする事が出来ますが、借り入れの条件は取り扱い会社によって違ってきます。
注意するべき点は、土地や建物を担保にまとまった資金が借りられますが、万が一返済を滞納してしまったら担保となっている不動産を売却しないといけません。
事態を未然に防ぐ為に事前にしっかりとした返済計画を立てる事が重要です。