融資の内容説明と出資との違いなど

融資とはどういうことかというと、個人・法人などがその時に必要としてる資金の調達を、金融機関から行うことをいいます。
個人の場合であれば、マンションや住宅を買う資金であったり、車・教育などのお金が足りない場合に、借り入れるケースがあるでしょう。
そして、法人の場合ならば、事業の拡大・設備投資・設備の購入資金・事業費を賄う目的のために、資金を借り入れる場合があります。
しかし、この場合の資金調達というのは、お金を提供してくれるものではありません。
形式を以てお金の借り入れをするのが、融資という事になります。
前述のようにお金を借り入れる場合、条件があります。
それは、借り入れたお金の返済能力を含めた厳重な審査を行い、審査へパスした場合にだけお金を借りることが出来ます。
お金を借り入れる額・条件によっては、担保が必要となるケースもあるのです。
それ故、誰でもがお金を借りられるものではありません。
次に、出資との違いですが、簡単に説明すると借りものと表現できます。
融資は、お金の借り入れ・貸出であり、そのお金へは利子が付くのです。
そのため、返済する時には利子を含めて返さなければなりません。
貸し出す側の金融機関なども、利子で利益を得ています。
一方出資は、提供されたお金を返済する必要はありません。
この違いは重要で、混同されてる人もいます。
意味を充分に解ってなければトラブルの元ですから、充分に理解しておかなければなりません。