知られていない自己破産と免責の違い

よく、自己破産すれが借金が消滅になると思っている人がいます。
残念ながら自己破産しただけでは借金はなくなりません。
自己破産とは、自分の力で債務の清算ができなくなったときに自ら裁判所に問題解決をお願いすることをいいます。
自己破産申請が受理されれば、裁判所は管財人を認定して、清算手続きを進めます。
この結果によって、自己破産した人の今後の債務返済の方法が決まります。
例えば、クレジット会社に500万円の借金があり、返済できなくなったとします。
500万の内、元金が300万円でだったとすると、元金のみは返済を義務づけ金利部分の200万の免除を言い渡します。
そして、その300万円に対し、月々いくらずつ返済しなければならないか決定します。
この決定は裁判所の決定ですから、問答無用で守らなければなりません。
しかし、自己破産の手続きと同時に免責の申請を行うことができます。
免責とは責任を免除してもらうことであり、所有している資産をすべて放棄すれば残りの借金はすべて免除されます。
自己破産をする際は、同時に免責の申請をしなければ意味がありません。
ただし、どんな状態でもみとめられるわけではありません。
著しい浪費で破産した場合、一部の債権者にだけ有利な返済をしたために他の債権者に支払えなくなった場合、他に資産を隠している場合があります。
これらの事柄が露見した場合は前述のような破産処理になり、裁判所の力によって返済が義務づけられるので注意が必要です。