あまり知られていない保証人の責任と権利

保証人とは主たる債務者(お金を借りた人)に代わって、債権者に返済をする人のことを言います。
代わりに返済することを、代位弁済といいます。
この代位弁済について、単純保証と連帯保証では違いがあります。
単純保証の場合、保証人は全額を払わなくてよい場合があります。
複数の人が保証している場合、債務を頭割りした金額だけ代位弁済すればいいのです。
そして、代位弁済の請求が来たときも、債権者に対して抗弁権が認められています。
これは債務者に支払い能力がある場合、まずそちらから回収するように請求をはね返す権利です。
これによって、不当に代位弁済を突きつけられる危険性が減ります。
しかし、連帯保証にはこれらのことが認められていません。
連帯という言葉が示しているとおり、連帯保証の場合、債務者と連帯して債務を弁済していく義務を負っています。
つまり、債務者から代位弁済の請求があっても、抗弁権を主張することはできません。
また、債権者は債務者が支払不能になっていることを確認せずに代位弁済を請求できます。
複数人が保証していても、頭割りではなく、一人一人が全額を弁済する責任を負っています。
連帯保証には、単純保証とは比べものにならないくらいの責任があります。
一般的に保証人というと、連帯保証を意味しているので注意が必要です。
しかし、これでは債務者が得をするばかりです。
ですから代位弁済した場合、今度は債権者に代わって補償した額を債務者に請求することができます。
あくまでもお金を借りたのは債務者であり、代位弁済したらその人の支払い義務がなくなるわけではありません。