カードローンで最もメジャーな返済方式の残高スライド式元利定額リボルビングシステム

銀行や消費者金融、信販会社などが取り扱っているカードローンやキャッシングの返済方法として、最もメジャーなのが定額リボルビングシステムです。
これは、毎月の返済を、あらかじめ決めておいた一定額にして、返済していくというもので、借入者の実入り、つまりは収入に合わせて、生活に支障をきたさない額であれば、無理なく返済できるのが特徴です。
なので、住宅ローンをはじめオートローンなどの目的ローンでもこの方式を採用しています。
ただ細かく分ければ、元利定額型と元金定額型があり、元利型は借入残高によりその月内に発生した利息の額にかかわらず、完全に固定額を返済するもので、元金型は、固定額を借りられ元金返済に回し、そのほかに毎月内に発生する利息を別途付け加えて返済するというものです。
なので、元金型は毎月の合計返済額が利息が減る分だけ減少していきます。
ローンのほとんどはこの元利型の定額リボルビングシステムを採用していますが、月賦ローンでは一部元金型も採用されています。
また、リボルビングには定額式のほか、定率式と呼ばれるものもあり、これは、借入残高に対して、ある一定の割合を返済するもので、借りはじめほど返済額が高く、返済する毎にその額が減少していくというものです。
これらを比べると、ローンシミュレーションなど計算いらずが元利定額式なのですが、借りはじめの返済金に占める利息額が大きいため元金を減らすのに時間がかかるイコール返済期間が長くなるイコール支払利息総額は高いという問題もあります。
それを克服するのが残高スライド型の元利定額リボルビングシステムです。
これは借入残高に応じて、毎月の返済額を定めたもので、返済が進み借入残高が減ると段階的に毎月支払う返済額も減っていきます。
今やこの方式が通称リボ払いと言われる返済方法の代名詞にもなりつつあり、キャッシングやカードローンでは最もメジャーな返済方法になっています。